野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミサゴ  季節到来 | トップページ | ノビタキ  河原で »

トビ   精悍な幼鳥

 トビといえば猛禽類の中でもあまり人気がない。と言ってるのは私だけかもしれないが、秋晴れの河原でトビの幼鳥を見て見解を見直している。

Tob1

 成鳥のスタイルや鳴き方、飛び方などをみてもやはり魅力に欠けている。「ああ、トビか」で終わってしまう。

Tob2

 幼鳥も飛び方は変わらないが顔つきと、上面や腹部の色が違う。その姿だけを見るとトビとは違う鳥のようにも見える。

Tob4

 そのトビの幼鳥が青い空を気持よさそうに飛び、時折低空飛行をして魚でも捕るのではないかと思う仕草をする。

Tob5

 そうかと思うと兄弟なのか仲間を追いかけまわしたり、オオタカの幼鳥を追いかけたりしている。

Tob8

 オオタカの幼鳥を追いかけているのは親鳥かもしれないが、トビがオオタカを追いかけるのはあまり見たことがない。

Tob9
       大きく羽を広げるとかなり大きい

Tob7

 トビの幼鳥の白い頭の部分や、腹部の白斑が数多くあってその飛翔スタイルが精悍そうに見える。

Tob10
        雰囲気が違うトビ幼鳥

Tob3
       

 同じ鳥でも外観によって大きく雰囲気が変わるものである。クールビズも終わる時期、我々も秋の服装で気分転換をしてみるのもいいかもしれない。

« ミサゴ  季節到来 | トップページ | ノビタキ  河原で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トビ   精悍な幼鳥:

« ミサゴ  季節到来 | トップページ | ノビタキ  河原で »