野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヒガラ  紅葉狩りの合間に | トップページ | ノスリ  優雅な飛翔 »

ダイサギ   GPに負けない演技

 冬鳥たちが続々と到着している。赤い鳥が来ているというので、早速今季初の出会いを楽しみに河原を歩く。

Dsg1

 先週ぐらいから声は聴いていたのだが姿はまだ見て居ない、赤い鳥を探して土手を歩いていたら、対岸のこんもりとした樹木の天辺にいる白い鳥の集団に出あった。

Dsg2

 白い鳥はダイサギである。河原にも多くのダイサギとカワウが降りて朝食中である。

Dsg3

 普段であれば、「ああ、ダイサギか」と、一瞥で通り過ぎてしまうところであるが、小さな赤い鳥を探して歩き疲れたので、大きな白い鳥を眺めながら一休みにする。

Dsg4

 カメラをおいてのぞき込んでいると、何か警戒心からか河原のダイサギの集団は、上流方向に一斉に飛び立っていく。

Dsg5

 残った樹木上の三羽のダイサギは、周りを見回しながらどうしようかなという思案顔。そのうちに二羽は飛び立ち、一羽だけが残った。

Dsg6

 不安顔の一羽は飛び出しの準備態勢に入る。体を動かすその姿は、フィギャースケートの浅田真央に負けない演技ぶりである。

Dsg7

 平凡なダイサギの飛翔スタイルの中に非凡さを発見した一休みである。やはりどんなものでも、なにかよいところを見つける目線というものが必要だと思った河原散策である。

« ヒガラ  紅葉狩りの合間に | トップページ | ノスリ  優雅な飛翔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイサギ   GPに負けない演技:

« ヒガラ  紅葉狩りの合間に | トップページ | ノスリ  優雅な飛翔 »