野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« マガモ   河原での飛翔 | トップページ | ハイタカ   幼鳥の飛翔 »

コガモ   まだエクリプス

 朝夕の冷え込みが厳しく、毎日の通勤の行き帰りが外灯の明かりの下を歩くようになってきた。そうかと思うと陽が出てくると暖かい陽射しである。

Kgm1_2

 この寒暖の差と太陽の陽射しが、公園の樹木の葉を赤や黄色のきれいな色に染め上げてくれるのである。

Kgm2

 陽が上る前の河原の土手を歩いていると、水面に白い線が何本か見える。水鳥の小さな群れが滑空して下りた水しぶきのあとである。

Kgm3

 茶褐色でよく判断できないが、コガモのようである。この時期早期に到着するコガモはまだエクリプスの状態で、オスメスの判断は遠くからでは難しい。

Kgm6
 早く繁殖羽になってくれると、はっきりとオスかメスが遠くにいてもわかるようになる。あのナポレオンハットのような頭を見せてほしいものである。

Kgm5

 今はエクリプスなので、幼い子供たちがふざけ合ってお互いに競争したり滑空しているように見える。

Kgm7

 きれいな大人の繁殖羽になって、静かな水面を優雅に滑るような泳ぎを見せてほしいものである。

« マガモ   河原での飛翔 | トップページ | ハイタカ   幼鳥の飛翔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コガモ   まだエクリプス:

« マガモ   河原での飛翔 | トップページ | ハイタカ   幼鳥の飛翔 »