野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« マガモ  早朝のメタリックグリーン | トップページ | マガモ   河原での飛翔 »

ミサゴ  雨上がりの漁

 天気予報ではかなり激しい雨が降るといっているが、窓を開けて外を見ると雲は低いがまだ雨は降っていない。

Msg1

 それではと雨の用意をしながら早朝の河原へと向かう。さすがに、雨模様なので誰もいないが、仲間の鳥友さんの車があるので、少し明るくなるまで待つことにした。

Msg2
       狙いを定めて一気に!

 しばらくすると小雨がぱらついてきたので観察小屋に入って見てみると、普段の目線と違う 光景が広がる。

Msg3

 高い位置から見下ろす形になるので、ここから見るのもまたいいものだと構図を考えていると、雨が激しくなってきたので引き上げることにした。

Msg4

 昼過ぎになると激しく降った雨も上がり薄日が見えてきたので、再度河原へと足を向ける。

 雨上がりの合流点には、コガモの小集団とマガモのペアー、カルガモの家族などがいる。

Msg6

 雲の厚い上空を猛禽類が横切っているが、東の森の上を越してミサゴの姿が現れた。定位置の樹木の枝に止まると、雨で水かさの増した川は濁っている。

Msg5
       魚をつかんで飛び上るミサゴ

 魚がよく見えないのか首をひねったりしながら、下を流れる濁った川をのぞいている。

 そのうちにダイビングをして漁を始めたが、飛び込んだところは河原の石ころの陰になって、見えるのは水しぶきだけである。

Msg8

 それでも飛び立つ時には小粒ではあるが、足にしっかりと魚をつかんでいる。午前中は雨で獲物を捕れなかったせいか、その後何回か飛び込んでくれた。雨上がりの鳥見風景である。

« マガモ  早朝のメタリックグリーン | トップページ | マガモ   河原での飛翔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ  雨上がりの漁:

« マガモ  早朝のメタリックグリーン | トップページ | マガモ   河原での飛翔 »