野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コガモ   まだエクリプス | トップページ | ヒガラ  紅葉狩りの合間に »

ハイタカ   幼鳥の飛翔

 猛禽類のシーズンになってきた。数年前はこの多摩川の合流点はオオタカをはじめハヤブサ、ノスリ、ハイタカ、チョウゲンボウ、ミサゴなど猛禽類でにぎやかであった。

Htk1

 そのわけは猛禽類の狩りの目的の獲物がたくさんいたからである。当然その猛禽類の狩りの決定的な場面を狙ってカメラマンも多くなる。主役も観客も多かったのである。

Htk2

 そんな当時を思い出させるような光景が今シーズンは見られそうである。昨年に比べると猛禽類の姿を見かけることが多いし、カメラマンも多い。

Htk3

 私のようにこの場所に一日いるわけではなく、多摩川の河畔沿いを移動しながら鳥見をしている者が感じるのだから、朝から夕方まで定点観察をしたらその成果はかなり大きいだろうと思う。

Htk5

 今日も空に雲はあるあいにくの天気であるが、ミサゴが盛んに飛び込んでは漁をしている。その上空をオオタカが川を横切って飛んで高い樹木に止まる。

Htk111

 それを見ていると頭上ではハイタカの若が旋回を始めた。何か獲物を見つけたのかと期待していたが、カラスの鳴き声が聞こえ始めると、追いかけられるように対岸方向に飛び去ってしまった。

Htk6

 今シーズンは被写体としての猛禽類の姿に大いに期待が持てるが、成果はそれを邪魔するカラスの排除と速い飛翔スタイルを追いかけるカメラワークの腕にかかっている。

« コガモ   まだエクリプス | トップページ | ヒガラ  紅葉狩りの合間に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイタカ   幼鳥の飛翔:

« コガモ   まだエクリプス | トップページ | ヒガラ  紅葉狩りの合間に »