野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミサゴ  雨上がりの漁 | トップページ | コガモ   まだエクリプス »

マガモ   河原での飛翔

 合流点では水鳥がにぎやかになってきた。いつも姿を見せるカルガモのほかに、冬鳥のコガモやマガモである。

Mgm1

 もちろんオオバンやカイツブリなども元気に遊んでいる。川面を飛びまわるカワセミが少し小さくなって見て居るように見える。

Mgm4

 マガモは、水の流れが止まったようにゆっくり流れる鏡面のような水面を、後ろに白い線を引くように泳ぐ。

Mgm2

 時々何かに驚いたように上流のほうに飛んだりしているが、ゆっくりと下ってくる。そんな繰り返しを目の前でして見せる。

Mgm3

 おかげでマガモの羽を開いたきれいな飛翔姿を見ることができた。メスが飛びたった後をオスが追いかけるようについてゆく。

Mgm5

 こういうのを 「婦唱夫随」 というのか、本来は「夫唱婦随」が正しいが、鳥の世界はどうなのだろう。

Mgm111

 最近の我が家を振り返ると、前者のような気もするが、その方が世間丸く収まるような雰囲気のこのごろである。

Mgm6

 古い言葉であるが、「戦後強くなったものは・・・・」 といわれるが、もう70年もたっているので死語になっているのだろう。

« ミサゴ  雨上がりの漁 | トップページ | コガモ   まだエクリプス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マガモ   河原での飛翔:

« ミサゴ  雨上がりの漁 | トップページ | コガモ   まだエクリプス »