野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« モズ   お互いを意識して | トップページ | ミサゴ    飛び込みを期待して »

オシドリ   それにしてもきれいなオス

 マツコがいくらきれいに着飾っても勝てないと思う。オシドリの小群が近くの公園の池で羽を休めていると聞いたので出かけてみた。

Osd4

 連日の雨降りの後久しぶりに陽射しが見えて、黄色に色づき始めた樹木の葉の間から池の奥にいるオシドリの姿が見える。

Osd1

 カルガモやマガモが休んでいる池の水面に、時々どんぐりの実が落ちる音がする。朝の陽の光に照らされた池を静かに泳いでいるのはオシドリのペアーである。

Osd2

 オシドリといえば、「オシドリ夫婦」という言葉が反射的に出てくるが、いつもメスをかばうように仲睦まじく寄り添っているのがオスである。

Osd3

 オシドリ夫婦というと仲の良い円満夫婦のように言われているが、、実際は仮面夫婦のような一面もあるらしい。

Osd5

               何でこんなにきれいなの?という感じ

仲睦まじく寄り添っているのは、メスがほかのオスにとられないように見張っているという説もある。

Osd7_2

雛が生まれるまではメスに寄り添っているが、繁殖期が終わると毎年恋の相手を変え、一生同じ相手といるわけではないらしい。Osd6

 うらやましい限りであるが、人間の世界でオシドリ夫婦のコツはというと、「言いたいことをいう」、「謝ること」、「挨拶を欠かさない」、「感謝を伝える」、などで、時間をかけて年を重ねてお互いの理解を深めながら築いていくものだという。

Osd8

 レンズを覗きながら我が家はどうだろうかと考える。世間では騙し騙しの円満夫婦もあるように聞くが、円満夫婦を目指すなら主導権は女性に持たせたほうがよさそうである。

« モズ   お互いを意識して | トップページ | ミサゴ    飛び込みを期待して »

コメント

納得しました。

呑み助さんありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オシドリ   それにしてもきれいなオス:

« モズ   お互いを意識して | トップページ | ミサゴ    飛び込みを期待して »