野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アメリカヒドリ   公園の池に | トップページ | 頌春  一富士二鷹三茄子 »

ベニマシコ  情熱の赤い鳥

 2015年も終わりになるというのに、ベニマシコを本格的にファインダーに収めて居なかったので早朝から出かける。

Ben1

 この季節になると青い鳥、赤い鳥をきちんと撮らないとなんか年が越せないような気がする。

Ben2

 多摩川でもベニマシコは出てくれたが、背景が良くなかったので気に入らなかった。バックがきれいに抜けたベニマシコをと思って狙っているが、なかなか思うようにいかない。

Ben4

 朝陽が昇り始めた林道を歩いていると、まず出てくれたのはヤマガラ、上空を集団で飛びまわるマヒワ、鳴き声はジョウビタキである。

Ben5

 気温が低いせいか、林道の水が流れているところはまだ凍っている。8kgほどのカメラを肩にかついでいるので、ここで転んでは大変なので、慎重に歩を進める。

Ben8

 ベニマシコの好物がありそうな草木を見ながら、吐く息も白くなる林道をゆっくりと歩く。

Ben9

 どこからともなく弱々しい 「フィッフィッフィッ・・」 というベニマシコの鳴き声が聞こえてくる。

Ben12

 見上げると枯れた白膠木の実に取り付いているのは、ベニマシコの若い2組のペアーである。

Ben13

 嘴を汚しながら夢中で食べている。近くにはたくさんの餌があるようなので、しばらくの間はこのあたりでお付き合いをしてくれそうである。

Ben10
      ベニマシコ ♀

 赤い顔をしたオスはよく見て居ると、猿子と言われるだけあってお猿さんによく似ている。その反面メスは、地味な装いで見て居る限りでは控えめである。

Ben12_2

 オスの赤いその姿を見て居ると「情熱の赤い鳥」 という雰囲気である。今年の年末は「紅猿子」の赤い鳥の撮り収めであるが、来年は申年ということでベニマシコ繋がりでなにか良いことがあることを期待しよう。

 

« アメリカヒドリ   公園の池に | トップページ | 頌春  一富士二鷹三茄子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ  情熱の赤い鳥:

« アメリカヒドリ   公園の池に | トップページ | 頌春  一富士二鷹三茄子 »