野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« タヒバリ   朝陽の草地で尾を振って | トップページ | コゲラ  マユミと戯れ »

イカル    雑木林で

 早朝の公園の枯葉の積もった木道をゆっくりと歩くと、見上げる高い樹木が上の枝から下のほうへと朝陽を浴びて明るくなってきた。

Ikr2

 その樹木の小枝に、お腹の白さが目立つ鳥たちの群れが止まる。黄色の太い嘴のイカルの群れである。

Ikr3

 その黄色の嘴はよく見ると黒く汚れている。よほど夢中になっておいしい朝食を食べてきたのだろう。止まった小枝でその嘴をこすり付けてきれいにしている鳥たちもいる。

Ikr4

 しばらくすると一斉に、枯葉に埋もれたせせらぎに下りてくる。ほかの場所で、樹木に残った木の実や地上の草の種子などを、腹いっぱい食べて水を飲みに来ているのである。

Ikr9

 水を飲んだ後に飛び立って止まる樹木の横枝が、ちょうど目線になるので紺色の光る羽の姿がきれいに映る。

Ikr6

 かなりの数の群れがいるらしく、待っていると入れ替わり立ち代わり小集団がやってくる。

Ikr7

 時々独特の鳴き声が「キーコ、キーコ」と聞こえてくる。春先のようには鳴かないが、久しぶりのイカルの鳴き声である。

Ikr8

 公園の駐車場が開く時間帯には制約時間の限界なので引き上げざるを得なかったが、今シーズンイカルの集団と出会えたうれしい朝であった。

« タヒバリ   朝陽の草地で尾を振って | トップページ | コゲラ  マユミと戯れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカル    雑木林で:

« タヒバリ   朝陽の草地で尾を振って | トップページ | コゲラ  マユミと戯れ »