野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« イカル    雑木林で | トップページ | トラフヅク   長い羽角と虎斑模様 »

コゲラ  マユミと戯れ

 マユミの実がピンクの額に囲まれて赤く色づき、それを食べにたくさんの鳥たちがやってくる。レストラン「マユミ」である。

Kgr1

 本命を待つ間にやって来ては、器用に枝から実に飛びついてその赤い小さな実を嘴に咥えているのはコゲラたちである。

Kgr5

 一羽が来てのんびりとその赤い実を物色していると、その枝の先に取り付いてお互いに赤い実を奪いあう。

Kgr6

 あちこちの枝にぶら下がったり、羽をばたつかせて実を取り合う。しばらくするといっせいに飛び立ってレストランが空になる。

Kgr7

 今度はコゲラのすきを狙ってメジロの群れがやってくる。こちらは鬼の居ぬ間にということで忙しく動いて食べ始める。

Kgr9

 しばらくしてコゲラがやってくると、メジロは近くの樹木の枝にいったん引き下がりその動きを見ている。

Kgr12

 こんな繰り返しで忙しいレストラン「マユミ」であるが、なかなか本命は姿を見せない。時間的にはそろそろということでそのチャンスを逃すまいと待つ。

Kgr13

 近頃にない冷え込みでじっと待っていると、体の芯まで冷え切ってしまいそうである。それでももう少しと待ってみるが、時間切れになってしまった。

Kgr14

 その場を離れるとそのあとにすぐ姿を見せるのではないかと、後ろ髪ひかれる思いでレストラン「マユミ」を後にした寒い早朝である。

« イカル    雑木林で | トップページ | トラフヅク   長い羽角と虎斑模様 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コゲラ  マユミと戯れ:

« イカル    雑木林で | トップページ | トラフヅク   長い羽角と虎斑模様 »