野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 初日の出   2016年の夜明け | トップページ | マガモ   朝陽を背に »

シベリアアオジ   初撮りは初物

 朝から大威張り(?)でお酒が飲めるのはお正月だけなので、非常にうれしい朝である。

Photo

 昼酒は酔っぱらうとか言われ、なぜかずっと前から明るいうちから飲むお酒はうしろめたさを感じて居る。

Photo_2

 これは民謡の 「会津磐梯山」 のお囃子から来ているように思っている。「小原庄助さんなんで身上つぶした、朝寝、朝酒、朝湯が大好きで・・・・」からである。

Photo_3

 お囃子の真実は定かではないが、お酒を知らない子供の頃から耳に残っているフレーズである。

Photo_4

 新年はよい天気が続いているので、初撮りに出かけることにした。さて何を撮ろうかとMFを歩いてみたが、あまり変わり映えがしないので初物を狙おうと方向転換。

Photo_5

 早朝は風が冷たかったが午後現地につくと、暖かい日差しが青い空から降り注いで、場面設定は最高である。

Photo_9

 一時間おきのパフォーマンスだというのでしばらく待っていると、本公演までに前座でヒヨドリやただのアオジ、メジロなど、最後はオオアカハラまで姿を見せてくれる。

Photo_7

 いざ本番、午後から三回ほど出てくれたが、陽がかなり西に傾いてからは大サービスであった。花の近くや枝どまりなどそれなりにポーズをとってくれる。

Photo_8

 新年の初撮りは初遭遇のシベリアアオジでのスタートになったので、大いに期待できる年になりそうである。

« 初日の出   2016年の夜明け | トップページ | マガモ   朝陽を背に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリアアオジ   初撮りは初物:

« 初日の出   2016年の夜明け | トップページ | マガモ   朝陽を背に »