野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« スズメ    やはり集団が魅力 | トップページ | ジョウビタキ  ヌルデを啄む »

エナガ  たまには飛翔姿も

 指先だけが出る手袋をはめ、8Kgほどある機材を担いで葦の枯れ枝がしげる河原を歩く。

Eng1

 連日の冷え込みで寒さは相変わらず厳しいが、歩きまわるといくらか暖かくなり、寒さはしのげる。

Eng2

 鳥の姿の少ない河原である。大小の石ころがごろごろしている踏み跡を、歩きやすいところを選んで歩を進める。

Eng3

 シジュウカラ、コゲラ、エナガの混群が葦原の樹木に群がる。背景が抜けているのでエナガの姿がよく映える。

Eng4

 いつものように忙しく動くわけでなく、枝に止まってはゆっくりと飛びまわっている。たぶん十分に採餌が終わって、のんびりしているという雰囲気である。

Eng6

 近くの枝に飛び移るので、たまには飛翔スタイルをと思いながら追いかけてみる。

Eng7

 いつもは名前の由来通り長い尾羽が魅力であるが、羽を広げたところを狙ってみようと構える。

Eng8
 最後はいつものエナガの逆上がりとでもいうのか、ぶら下がりスタイルである。

Eng5

 相変わらずの可愛い姿と、くるっとした眼で愛くるしい仕草を見せる。いつ見ても可愛い鳥だと、寒さで涙が出る目でファインダーをのぞいている早朝である。

« スズメ    やはり集団が魅力 | トップページ | ジョウビタキ  ヌルデを啄む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エナガ  たまには飛翔姿も:

« スズメ    やはり集団が魅力 | トップページ | ジョウビタキ  ヌルデを啄む »