野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ケアシノスリ  狩りで戯れ | トップページ | シメ   人相は悪いが »

ハギマシコ   何か足りない

 「クリープのいれないコーヒーなんて・・・・・・」 というテレビコマーシャルが流行った時代があった。

Hgm1

 こんなことを言ってると年代がわかってしまうが、主人公を引き立てる脇役というものが必要なのである。

Hgm2

 冬のハギマシコは雪の上がよく似合う。東京でも今シーズン何度かその場面は設定された。

Hgm5

 あいにく仕事のある日であったり、路面凍結などでその機会をのがしている。東京では春の淡雪といってすぐに融けてしまう。

Hgm6

 ハギマシコの名は体の薄紅色や白色の斑模様を「萩の花」 にたとえたもので、小さな黄色の嘴は目立つが、遠目には黒っぽい鳥に見える。

Hgm8

 そのきれいな斑模様の特徴を引き出すには、雪の上、もしくは背景に雪があると一段と際立つのである。

Hgm7

 いつも頭の中ではそういう構図を描きながら鳥を追いかけて居るのだが、なかなか満足した作品にはならないことが多い。

Hgm15

 それでも何とか背景をぼかしたり、お立ち台に上ったところを狙ったりと努力はしているのだが、ままならぬのは世の常である。

Hgm12
      突然のエンゼルポーズ、タイミング合わず

 家に帰ってゆっくりとその画像をよく見てみると、「足りないものは雪だけかい?」 と自問自答している自分がある。

Hgm13

 そんな画像を見ながらさらに精進しようと、心新たにする春待ちのこのごろである。

« ケアシノスリ  狩りで戯れ | トップページ | シメ   人相は悪いが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハギマシコ   何か足りない:

« ケアシノスリ  狩りで戯れ | トップページ | シメ   人相は悪いが »