野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« タゲリ    陽射しもよく | トップページ | ミコアイサ   パンダに似て »

ミヤマガラス  どう違うの

 農道を車でゆっくりと走りながら鳥を探していると、はるかかなたの田んぼにかなりの数の黒いカラスの集団が見える。

160208jpg187

 もしやこの数はミヤマガラスではないかと思い、そうであればコクマルガラスも期待できると勇んで近づいてみる。

Mym1

 車の中から双眼鏡で覗いてみるとどうもミヤマガラスのようである。中にはハシボソガラスが混じっている感じもする。

Myg111

 車を降りてよく見ようとすると警戒心が強く、一斉に飛び立ってしまった。それでも幸いに近くの電線に止まってくれたので、車の中から観察することにした。

Mym2
        左がミヤマ成鳥、右はミヤマ幼鳥

 ハシボソガラスは留鳥であるが、ミヤマガラスは冬鳥である。北の国からやって来てこの二種は共存して越冬する。

Mym3
       右端は幼鳥

 この時はハシブトガラスは仲間外れになることが多い。どちらかというと都会派のハシブトガラスは嫌われ者になっている。

Mym4
       ミヤマは頭が平たい

 たかがカラスではある。ハシブトガラスには振り向きもしないが、ミヤマガラスは珍しいので良い被写体になるというカラスの世界である。次はコクマルを探してみようと思いながらの田んぼ道である。

« タゲリ    陽射しもよく | トップページ | ミコアイサ   パンダに似て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマガラス  どう違うの:

« タゲリ    陽射しもよく | トップページ | ミコアイサ   パンダに似て »