野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キクイタダキ  顔をみせて! | トップページ | アカゲラ  いきなり目の前に »

ミヤマホオジロ  久しぶりの黄色と黒の冠羽

 よく当たる最近の天気予報、東京でも積雪、特に多摩地区は都心よりも多いとの注意報である。

Mym1

       控えめなメス、我が家は?

 久しぶりに、朝はゆっくり起きようと夜更かしをして眠りにつく。しかし日頃の習慣で翌朝5時には目が覚めてしまった。

Mym2

 雪景色を見ようと窓の結露をふきながら、真っ暗な外を眺めてみると、そこにあるのは外灯に照らされた白くない濡れた歩道である。

Mym3
        ミヤマホオジロ ♀

 昨夜からの雨は雪に変わらず、天気予報のはずれである。予報が外れてうれしいのは、下り坂予報を聞いて雨や雪が降らない時である。

Mym9

 雨の日に仕事に行くことは苦にならないが、休日に天気が悪いと憂鬱になる。天気予報が外れても国家資格の気象予報士の責任ではない。

Mym10

 民間の会社では、売り上げ計画の予測が狂うと株価に影響したりして、責任者は原因をつかんで修正報告をしなければならない。

Mym14

 大雪の予想の朝、雨も上がったのでどこに行こうか考えてしまう。今シーズン、ミヤマホオジロに正面から出会ってないので、気温は低いがその地に向かうことにした。

Mym19

 氷点下に近い残雪のある現地に着くと、枯草の傾斜地に人はいないが、ミヤマホオジロが二十数羽草地に降りて採餌中である。

Mym24
       湯上りのオス

 枯れた草地の背景では目立たない見事な黄色と黒の冠羽、せめて雪の上か枝止まりをしてほしいと念じつつファインダーをのぞく。

Mym16
              寒いけど水浴びの準備

Mym25

 今シーズン初めてのミヤマホオジロの独占取材であったにもかかわらず、未熟な腕で出来栄えはあまり満足ではない。今日より明日、明日に向かって頑張ろう。

« キクイタダキ  顔をみせて! | トップページ | アカゲラ  いきなり目の前に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマホオジロ  久しぶりの黄色と黒の冠羽:

« キクイタダキ  顔をみせて! | トップページ | アカゲラ  いきなり目の前に »