野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワアイサ  黒緑のメタリックが光る | トップページ | タヒバリ    ヒバリの仲間? »

カンムリカイツブリ   夏羽もそろそろ

 早いところででは北帰行がはじまっているという冬鳥たち、夏羽になり始めたカンムリカイツブリが湖水に姿を見せた。

Kmk1

 朝起きて鳥見に出かける時にどこに行こうか迷うことがある。その時の優先順位は季節で移動する鳥たちである。

Kmk2

 その次は留鳥でもなかなか出遭いの少ない鳥。後回しになるのは、いつでもその場所に行きさえすれば必ずその周辺にいる鳥である。

Kmk3
      もう夏羽?

 今朝もその基準で行くと、そろそろ旅立ちの準備を始める水鳥を見に行こうと湖水を目指した。

Kmk4

 秋口には数百羽の姿があったが、近くに分散したのだろうか小集団になっている。

 春になって北に向かう時は、再びここに集合して移動する場所なのかもしれない。

Kmk5

 朝陽にあたってキラキラと光る水面にきれいに泳ぐ後を残して、数羽のカンムリカイツブリが向かってくる。

Kmk6

 時々一斉に水中に潜って捕食をしながら再び浮上する。そんな繰り返しをしながら優雅に静かな湖上を移動している夏羽移行中のカンムリカイツブリである。

« カワアイサ  黒緑のメタリックが光る | トップページ | タヒバリ    ヒバリの仲間? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンムリカイツブリ   夏羽もそろそろ:

« カワアイサ  黒緑のメタリックが光る | トップページ | タヒバリ    ヒバリの仲間? »