野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アカゲラ  いきなり目の前に | トップページ | スズメ    やはり集団が魅力 »

トラツグミ  ヒサカキの実を味わう

 最近は野鳥たちの写真を撮るときに一応テーマを決めて狙っている。まずピントと構図に注意を払い背景処理を考える。

Trt111

 ただし相手には羽があり自由に空を飛べるので、陸上を歩く我々にはハンディーがある。

Trt333
       ヒサカキの実を!

 だからファインダーに収まったらまずシャッターを押すことが優先で、そのあと背景や構図をゆっくり考える。

Trt444
       飲み込んだ後

 昨シーズンは花がらみをテーマに四季折々の花と野鳥を追いかけてみた。何しろ動いているので、良い場面設定してもうまくそこにはまってくれればよいが、思うようにいかないのが常である。

Trt555

 今シーズンは「啄む」をテーマにしようと思っている。野鳥たちの採餌スタイルは、一口食べては辺りを警戒して、また一口食べるというパターンである。

Trt1

 公園のヒサカキの木の実にトラツグミが取り付いている。黒く熟したたくさんの木の実を一口づつ口に運んでいる。

Trt2

 嘴に咥えてから飲み込むときは大きな口を開けて流し込むようにしている。木の実を食べ終えると、地面に下りて枯葉をくちばしでかき分けてミミズなどのタンパク質を捕る。

Trt3
                 ミミズをゲット!

 食べることは動物が生きていくうえで大事な行為なので、「啄む」というテーマは面白いかもしれない。

Trt5

 水鳥などは啄むというよりも飲み込むという場面もある。さらに猛禽類などは、狩りだったり漁だったりする。その瞬間の衝撃的シーンも魅力を感じる。

Trt4

 そんないろいろな捕食の場面を、残酷さを除いてファインダーで狙ってみようと思っているこのごろである。

« アカゲラ  いきなり目の前に | トップページ | スズメ    やはり集団が魅力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラツグミ  ヒサカキの実を味わう:

« アカゲラ  いきなり目の前に | トップページ | スズメ    やはり集団が魅力 »