野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ  久しぶりのオス | トップページ | キツネ  狐日和 »

コミミズク   夕暮れの飛翔

 久しぶりに河原の土手を歩いてみたら、支流の河川敷の樹木がほとんど切り取られていた。

Kmm1

 公園では下草をきれいに刈り上げてしまう。それぞれの立場からの見解はあるのだろうが、バーダーの目線から見ると、鳥たちの休むところや隠れるところがなくなってしまうのである。

Kmm2

 毎年冬鳥のシーズンになると同じ鳥が同じところにやって来る。今シーズンもたくさんの鳥たちが姿を見せてくれている。

Kmm3

 毎年の繰り返しではあるが、その鳥たちに出会わないと何かもの足りない感じが残るものである。

Kmm5

 北国からくる冬鳥たちが安心して冬を越せる自然環境は、残しておいてあげたいものである。

Kmm6

 近場ではあまり聞かないが、コミミズクがたくさん来ているというので、少し足を延ばしてみた。

Kmm7

 立春は過ぎたがまだ冷たい風が吹く河川敷に立つと、すでに陽は西の空に沈みかけて居る。

Kmm9

 薄雲にさえぎられた陽射しを斜め横から受ける土手下で、コミミズクの出現を待つ。

Kmm8

 早い時で14時ごろから飛び始めるというが、すでに15時を回っている。

Kmm4
        獲物を捕らえて

 広い河川敷なのでどこに出るかわからないが、下流のほうで数羽飛び始めたようである。

Kmm10

 そのうちに目の前でも違う二羽が、葦原の上を低空飛行で獲物を探し始めた。光る大きな目で首を左右に自在に動かして草地の獲物を狙う。

Kmm13

 獲物を見つけたらしく葦原に体が隠れるほどに飛び込んで、少しすると脚に捕らえた獲物をつかんで飛び上ってくる。

Kmm11

 足元に犠牲になっているのはアカネズミのようでる。それをもってまた草地に降りて、今度はそれを一気に飲み込んでしまったように見える。

Kmm12

 コミミズクというと一見おとなしそうな鳥に聞こえるが、やはり猛禽類である。生存競争の厳しい現実を目の当たりにした、夕暮れのコミミズクの飛翔姿である。

« ジョウビタキ  久しぶりのオス | トップページ | キツネ  狐日和 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミミズク   夕暮れの飛翔:

« ジョウビタキ  久しぶりのオス | トップページ | キツネ  狐日和 »