野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« エナガ  梅がなくても | トップページ | カンムリカイツブリ   夏羽もそろそろ »

カワアイサ  黒緑のメタリックが光る

 週末は天気が悪そうなので、その前に何とか会いたい水鳥を求めて早朝から湖水へと向かう。

Kwai1

 陽が昇り始めた東南の空から暖かい陽射しが水面を照らし始め鳥たちが動き始めた。

Kwai2

 湖水の奥のほうで夜を明かした鳥たちが、陽が昇るとともに岸辺に姿を見せ始める。

Kwai6

 きれいに滑空してくるマガモや静かな水面に波紋を作って泳いでくるコガモたち。

Kwai5

 本命はどこかと双眼鏡に目を凝らす。その中に遠く頭が黒く下が白い鳥の姿が目立つ。

Kwai10

 ミコアイサかなと思いながら見て居ると、どんどん近づいて姿がはっきり見えるようになる。

Kwai8

 なんと同じアイサでもカワアイサのペアーである。本命隠れてカワアイサの出現というところである。

Kwai7

 見て居るとこちらの岸辺に向かって一直線である。近づくにつれ頭の黒緑のメタリックの色が太陽の光に映えてきれいである。

Kwai11

 オスの後に続いてきたメスも地味ではあるが、冠羽が立ってなかなか魅力的な姿を見せる。

Kwai111

 本命には会えなかったが、近くでカワアイサのペアーに会えたので満足して帰途についた早朝の鳥見である。

« エナガ  梅がなくても | トップページ | カンムリカイツブリ   夏羽もそろそろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワアイサ  黒緑のメタリックが光る:

« エナガ  梅がなくても | トップページ | カンムリカイツブリ   夏羽もそろそろ »