野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シマアカモズ   癒しの幼鳥 | トップページ | ウミアイサ  ボサボサ頭で »

ビロードキンクロ   ナイス・ナイキ・アイ

 ナイキマークの眼を見たくて、沖合を見ながら湾上に波に揺られて浮かぶ水鳥たちの姿を覗いて歩く。

Brdk1
        ビロードの洋服で!

 東南の低い位置からの春の陽射しが洋上を照らすので、沖合に向かうと逆光気味になる。

Brdk2

 遠くの鳥たちは単に黒い塊に見えるが、歩いていくと後方で順光になった時に初めてその色がはっきりして識別がわかる。

Brdk3

 それでも朝陽のコントラストが強いので、きれいな映像にするにはテクニックを要する。

Brdk4

 朝陽に向かって沖合に進むにしたがって、かなりの種類の鳥たちを認識した。目指すはナイキマークの眼である。

Brdk5
       

 キラキラ光る水面を見ながら松の防風林があるところまで来ると、それらしき水鳥が潜っては採餌をしている姿が見える。

Brdk6

 水面から顔を出したとき、まず見えたのは半月型のナイキマークである。「近くにいる・・・・・・」 本命に出会った感激でまず連写。

Brdk7

 次には光の位置と構図を考えながらそのチャンスを待つ。近くにメスがいないかと探してみるが、いるのはホシハジロのメスである。

Brdk8

 まさか異種交流をしているのではないだろうかと考えながら、次は羽ばたきのチャンスを待つ。

Brdk9

 何度か水中に潜って採餌をした後、首を後ろに向けて羽繕いを始めたので、そろそろ羽ばたきをするなと構える。

Brdk10

 期待に応えて伸びをしたかと思うと、大きく羽を広げて背中の白い斑紋を見せながらの羽ばたきである。

Brdk11

 一通りのシャッターチャンスを捉えたので引き上げることにしたが、それにしても面白い顔の鳥がいるものだと改めて見直してしまった湾岸である。

んk

« シマアカモズ   癒しの幼鳥 | トップページ | ウミアイサ  ボサボサ頭で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビロードキンクロ   ナイス・ナイキ・アイ:

« シマアカモズ   癒しの幼鳥 | トップページ | ウミアイサ  ボサボサ頭で »