野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミヤマホオジロ  ミヤマ桜を期待して | トップページ | ホオジロガモ   振られたオス »

ハジロカイツブリ   赤い目が魅力的

 「ルビー色の眼が・・・・・・」 昇り始めた朝陽が顔にあたるとハジロカイツブリの目が赤くルビー色に輝く。

Hir1

 潜っては顔を出し、あたりを見回している。そこにレンズを向けると、意地悪をするようにまた潜ってしまう。

Hjr2

      三羽ならんで

 光の加減で顔を明るく見せようとハジロカイツブリより先に歩いて行って、右手より光が当たるように動く。

Hjr3

       潜って見せる

 それを察してか意地悪をするように潜って顔を出すのは、さらに先のほうになるので、顔はどうしても逆光気味になってしまう。

Hjr4

 それでなくても朝陽の海はコントラストが強すぎる。それにも負けないでハジロカイツブリの赤い眼を、何とかうまくファインダーに収めたいと動く。

Hjr5

 夏羽に変りつつあるものもいるが、まだ冬羽なのでミミカイツブリと間違えやすい。

Hjr6

 そろそろ繁殖地への帰郷の準備になるのだろうか、今シーズン二度目の出会いになった朝陽に輝く赤い目が印象的なハジロカイツブリである。

« ミヤマホオジロ  ミヤマ桜を期待して | トップページ | ホオジロガモ   振られたオス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハジロカイツブリ   赤い目が魅力的:

« ミヤマホオジロ  ミヤマ桜を期待して | トップページ | ホオジロガモ   振られたオス »