野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« チョウゲンボウ   若の飛翔 | トップページ | シマアカモズ   癒しの幼鳥 »

アカハラ   オレンジだけど?

 名前はアカハラだが、実際は赤ではなくオレンジ色といった方がわかりやすい。

Akh1

 でも名前としてはオレンジバラとは言えないし、橙ハラもおかしいのでアカハラが妥当なところだろうか。

160226jpg7

 秋口に冬鳥としてやってきた時は、警戒心が強くあまり姿を見せてくれなかったが、やっと帰るころになって親しいそぶりを見せるようになった。

Akh2

 最近、鳥見で歩いているとそのアカハラに出あうことが多くなった。会うは別れの始まりというが、まさにその通りである。

Akh3

 最初は人見知りをしてなかなか話ができなかった人が、慣れてきていろいろな話ができるようになるころに、お別れがあるという人の世界と同じである。

Akh4

 朝陽にあたる公園の広場の草地で採餌をしているが、それでもあまり近づきすぎると飛びたってしまう。

Akh5

 そしてどこかに行ってしまうかと思うとそうでもなく、近くの樹木の枝に止まって振り返りながら様子を見て居る。

Akh6

 北帰行の集合場所がこの公園になっているのか、ツグミたちもたくさん集まってきている。冬鳥と夏鳥の交替の時期ももうすぐそこまで来ている公園風景である。

« チョウゲンボウ   若の飛翔 | トップページ | シマアカモズ   癒しの幼鳥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカハラ   オレンジだけど?:

« チョウゲンボウ   若の飛翔 | トップページ | シマアカモズ   癒しの幼鳥 »