野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コクガン  首の白いネッカチーフ | トップページ | ハジロカイツブリ   赤い目が魅力的 »

ミヤマホオジロ  ミヤマ桜を期待して

 早咲きの寒桜はすでに花は散り、桜餅の葉のような色の若葉が開き始めている。今花をつけているのは河津桜である。

Mym1

 その桜にミヤマホオジロを期待して山道を登る。早速動いている小鳥たちを確かめると、案の上ミヤマホオジロである。

 まず後ろ向きで出迎えてくれたのは、尖った冠羽と黄色と黒のコントラストがきれいなオスである。

Mym2
      足環をしたメス

 周りを探すと約10羽ほどの群れである。旅立ちの準備か、山の傾斜の地面に降りて夢中で採餌をしている。

 その斜面の谷を挟んで反対側には、舞台として設定された桜の木があり、ピンクの花びらを広げて待っている。そこになんとか止まってほしいと願いつつファインダーを覗く。

Mym3

 その桜の木には何か動く鳥の姿があるが、よく見るとヒヨドリ君が花に取り付いている。ヒヨドリでは・・・・・・と、ミヤマホオジロの動きを注視する。

Mym4

 相変わらず藪の中を動き回ってよいところに出てくれない。それではせめて枝止まりをとその瞬間を待つが、それもままならずである。

Mym5

 ミヤマ桜を期待してしばらくの間待っていたが、同好の士が増えてきたのであきらめて引き上げることにした。今シーズン最後になるかもしれないミヤマホオジロとの出会いであった。

« コクガン  首の白いネッカチーフ | トップページ | ハジロカイツブリ   赤い目が魅力的 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマホオジロ  ミヤマ桜を期待して:

« コクガン  首の白いネッカチーフ | トップページ | ハジロカイツブリ   赤い目が魅力的 »