野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ニューナイスズメ   たかがスズメされどニューナイ | トップページ | ウソ    エイプリルフール »

カワガラス   二番子への餌運び?

 春の陽射しを浴びたキラキラと光る渓流の流れの堰の下には、二番子を抱えているのか静かな雰囲気のカワガラスが一羽。

Kwg1

 一番子の巣立ちは二羽の雛がにぎやかにこの渓流の周りを飛びまわっていたが、すでに独り立ちできたのかその姿はない。

Kwg2

 上流からやってきたカワガラスは、堰の滝の上部に止まってあたりを見回したかと思うと、素早く流れ落ちる滝の水の奥に消えた。

Kwg7

 しばらくするとまた姿を見せて、川の流れに頭を突っ込んで採餌をしているように見える。

Kwg3

 尾羽をたててポーズをとってくれたかと思うと、体勢を低くして上流へと向かって飛び出しである。

Kwg6

 水に潜るカワガラスだけあって、その体を覆う羽は水滴をはじいて水玉がきれいに光っている。

Kwg4

 名前は黒っぽい羽色からカワガラスといわれるが、カラスという感じではない。むしろミソサザイの親分といった方がわかりやすい。

Kwg5

 全身褐色の川面すれすれに一直線に飛ぶカワガラスを眺める早朝である。

« ニューナイスズメ   たかがスズメされどニューナイ | トップページ | ウソ    エイプリルフール »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63416858

この記事へのトラックバック一覧です: カワガラス   二番子への餌運び?:

« ニューナイスズメ   たかがスズメされどニューナイ | トップページ | ウソ    エイプリルフール »