野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シメ   人相は悪いが | トップページ | アカハラ   オレンジだけど? »

チョウゲンボウ   若の飛翔

 典型的な冬型の気圧配置が日本列島を覆うと、関東地方は風は冷たいがよく晴れた青空が広がる。

160301jpg28

 

そんな青い空をバックに気持ちよさそうに飛び回っているのは、チョウゲンボウの若である。

160301jpg20

 

眼下に広がる枯れた草地にいる獲物を探しながらの飛翔姿である。水平飛行の時は尾羽が長く精悍な飛翔スタイルを見せる。

160301jpg14

  獲物を物色中は一所にとどまって、頭を下に向け滞空飛翔をする。いわゆるホバリングである。

160301jpg9

  この時は尾羽を扇状にきれいに広げて両翼で激しく羽ばたくが、今日は向かい風に乗ってゆっくりと優雅に羽ばたいているように見える。

Cgb5_2

  その上幼鳥なので羽の欠落もなく、きれいな飛翔姿を青い空を背景に見せてくれている。

160301jpg4

  開けた草地の上の青空を独り占めして我が物顔で飛び交う姿は、もう一人前(?)のチョウゲンボウに見える。

160301jpg27

  と思いきや、どこからともなく現れたケアシノスリが飛び始めると、いつの間にかその姿を消してしまった。

160301jpg3
  近くの裸になった雑木林の中を見上げると、チョウゲン君はその横枝に止まってケアシノスリの飛翔見学である。

160301jpg
  「やっぱり飛翔スタイルは君のほうが精悍さでは負けていないよ」 と声をかけてあげたい北風のある陽だまりの鳥見風景である。

« シメ   人相は悪いが | トップページ | アカハラ   オレンジだけど? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョウゲンボウ   若の飛翔:

« シメ   人相は悪いが | トップページ | アカハラ   オレンジだけど? »