野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コホオアカ  まだ居てくれた | トップページ | コクガン  首の白いネッカチーフ »

カワガラス  二番子の準備?

 朝陽にキラキラと光りながら渓流の堰を流れおちる滝の裏から、カワガラスが飛び出してくる。

Kwg1

 近くには一番子の二羽の巣立ち雛がいるが給餌は行わず、ひたすら二番子の巣作りをしているように見える。

Kwg2

 親の姿を見つけると、羽ばたきながら体を震わせて餌をねだるが、親は知らん顔で上流へと姿を消してしまう。

Kwg4

 しばらくすると口に水苔のようなものをくわえて、堰の上に止まってかと思うと、一気に流れおちる水の奥にある営巣場所に入っていく。

Kwg5
     枯葉をくわえて

 そんな親鳥が働く姿を見ながら、巣立ち雛は必死に飛び上ろうとしたり、自分で餌を捕ろうと努力している。

Kwg6

 親が川の中に潜って餌を捕ってくると、雛もまねをして頭を川の流れの水の中に入れて居る。こうして自立心が芽生え、成長していくのだなと思う。

Kwg7
       親の後ろ姿を見る二羽の雛

 それにしても親鳥は枯葉などを運びこんでいるが、同じ巣穴を使わないのだろうかと疑問に思うところである。

Kwg8
       飛ぶぞ!

 毎年同じ場所で営巣しているが、雛の巣立ちは今年は少し早いのかなと感じる。やはり暖冬の影響なのだろうか。

Kwg10
        滝の上流を目指して飛翔

Kwg12
       エイヤーッと

 二羽の一番子はいつまでも親に甘えていないで早く自立しないと、次の二番子の準備をしている親の邪魔になってしまう。このあたりも人間の世界と同じような状況なんだなと、思えるところである。

« コホオアカ  まだ居てくれた | トップページ | コクガン  首の白いネッカチーフ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワガラス  二番子の準備?:

« コホオアカ  まだ居てくれた | トップページ | コクガン  首の白いネッカチーフ »