野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハヤブサ  子育て中 | トップページ | アマサギ  見事な飛翔 »

イソヒヨドリ  海岸がよく似合う

 イソヒヨドリというと海岸の近くにいるものだとばっかり思っていたら、最近は内陸部でも繁殖しているようである。

Iso1

 現にこの多摩地区でも、駅前の商店街を飛び回っていることがある。ものの本で調べてみると、海岸や岩山に多いと記されている。

Iso2

 そういうことは多摩地区は海岸ではないので、岩山が多いということになる。今でこそ人家が多くなってきたが、その昔はいわゆる山の中だったのだろう。

Iso4

 名前もイソヒヨドリというからヒヨドリの仲間かと思うと、なんとツグミ科なのである。ヒヨドリはヒヨドリ科として私が元祖と仲間には入れない感じである。

Iso5

 イソヒヨドリのオスは頭から背中の暗青色とお腹の赤褐色もきれいで磯の岩の上などに止まって、波しぶきが飛んだりするとよい絵になる。

Photo

 一方メスも捨て置けない、地味ではあるが、うろこ状の模様がなかなかどうして魅力的である。

Photo_2

 鳴き声も海岸に響き渡るよく通った声で、海岸の岩の高いところで鳴いていることが多い。孤高のブルーの鳥は、やはり海岸が一番よく似合うと思うこのごろである。

 

 

« ハヤブサ  子育て中 | トップページ | アマサギ  見事な飛翔 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

私も最初は海岸にしかいないと思っていましたが、近年は多摩市内でもよく見かけるようになりましたね。
また、イソヒヨドリは虫などを食べていると思っていましたが、以前に駅付近で見かけたときはピラカンサの実を食べていました。
やはり栄養のバランスを考えているのでしょうか。
それにしても綺麗なブルーですね。

M .Satoさんありがとうございます。
やはりイソヒヨドリは海岸で見るのが一番きれいだと思いました。海の鳥が山に入り、山の鳥が海に行くのは、生きてゆく術でしょうか。
アオバトは海に行きますね。そろそろそのアオバトの季節になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63644701

この記事へのトラックバック一覧です: イソヒヨドリ  海岸がよく似合う:

« ハヤブサ  子育て中 | トップページ | アマサギ  見事な飛翔 »