野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コマドリ   やっと会えた | トップページ | ヒガラ    仲良しペアー »

コルリ   ブルーと白が鮮やか

 里では夏日という暖かさも、さすがにお山の早朝は寒い。ウインドブレーカーを羽織っても冷たい風が吹き抜け、日向が恋しくなる。

Krr1

 ポケットに手を入れ首をすくめ、目当ての鳥の出現を待つ。待つこと2時間、やっと陽が昇り始め、木漏れ日が当たるところに移動して暖をとる。

Krr2

 朝陽がスポットライトのように当たる苔むした朽ち木の上にコルリの姿。ブルーの背中と真っ白なお腹が、鮮やかにきれいに映る。

Krr3

 コルリは同じブルーと白でもオオルリと違って足長でかっこよく見え、オオルリとは違った魅力がある。

Krr4

 いつもはたくさんの夏鳥が頻繁に顔を見せる場所ではあるが、今日はその出が悪い。やっと登場という感じで、にぎやかなシャッター音に囲まれている。

Krr5

 苔むした朽ち木の上を歩きながら、嘴で苔をどかして採食をしている。最初のステージはすぐに引っ込んでしまったが、今回は十分な時間をとってくれている。

Krr6

 長い間待っていた分、出演時間も演技もいろいろ見せてくれる。欲を言えば囀りの場面をと期待したが、そこまでは次のお楽しみというお山での鳥見風景である。

« コマドリ   やっと会えた | トップページ | ヒガラ    仲良しペアー »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63602262

この記事へのトラックバック一覧です: コルリ   ブルーと白が鮮やか:

« コマドリ   やっと会えた | トップページ | ヒガラ    仲良しペアー »