野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« クリンソウ   満開の湖畔 | トップページ | オオミドリシジミ   乱舞の後に »

ニホンカモシカ   華厳の滝で

 数十年ぶりにマイナスイオンの水しぶきが当たる華厳の滝観瀑台に立つ。今では97mの落差を滝つぼを目線で見るためにエレベーターがあり、一気にそこまで降りることができる。

Kgn1

 エレベーターの扉が開くとひんやりとした冷気が頬をなでる。階段を下りて観瀑台に立つと、滝つぼからは瀑音とともに水しぶきがはじける豪快な姿が目の前に映る。

Kgn3

 この季節なので水量も豊富で、その落下する姿は壮大である。その谷間を多くのイワツバメが飛び交うので双眼鏡でその姿を追ってみる。

Kgn2

 猛禽類でも飛んでいないかと、じっくり双眼鏡をめぐらし探してみると、岸壁の途中の緑の樹木の中に動くものが見える。

Kms1

 ゆっくりと頭を動かしているのはカモシカである。距離はかなりあるので、はっきりは見えにくいが子供もいるようである。

Kms2

 正面の落下する滝に向けていたカメラのレンズを望遠に変えて、左方向の急斜面のくぼんだ崖のカモシカに照準を合わす。

1606110jpg

 天然記念物のニホンカモシカであるが、それにしてもこんなところにという場所である。カモシカの子連れは珍しいので一応連写しておく。

1606110jpg2

 満開のクリンソウの群生で癒されて、帰り際にニホンカモシカの親子に出遭うとはなんとありがたいことか、美しい自然に囲まれた風景やそこで生活する動物たちに感謝の一日である。

 

« クリンソウ   満開の湖畔 | トップページ | オオミドリシジミ   乱舞の後に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニホンカモシカ   華厳の滝で:

« クリンソウ   満開の湖畔 | トップページ | オオミドリシジミ   乱舞の後に »