野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ホトトギス   長逗留 | トップページ | ニホンカモシカ   華厳の滝で »

クリンソウ   満開の湖畔

 クリンソウが満開だと聞いたので久しぶりにその群生地に向かう。今はシーズン盛りなので、駐車場が早くから満車になるらしく早朝に家を出ることにした。

Krs1
                  男体山

 最近は圏央道が東北道とつながったので、首都高速の渋滞に巻き込まれずスムーズに都心の混雑を抜けることができる。

Krs2
         千手ヶ浜

 現地の始発のバスが7:50分なので、それに間に合うようにと自宅を5:00に出発。現地の駐車場には7:30ごろについたが、すでにバス待ちの列が長く続く。

Krs3
        仙人庵へ

満員の低公害車のバスは、定刻に発車して一般車両通行止めの静かな新緑の森の中をゆっくりと走る。

Kur2

 朝陽に照らされた木々の揺れる新緑の葉裏の隙間に、小田代原の奥にある貴婦人の姿が見える。

Kfj1
             小田代ヶ原の貴婦人

Kur4

 バスが走る樹林帯は、シカや熊の餌となる木肌を保護された、高原のミズナラやブナの樹木林の中である。

Kur6

 終点でバスを降りると、目の前の清流の河岸に、朝陽を浴びた赤いクリンソウの群生が広がる。

Kur12

 散策路をしばらく歩くと、目の前に男体山を背景にした中禅寺湖の湖畔に出る。透き通るようなきれいな湖水が、白い砂浜に小さな波になって打ち寄せている。

Kur13

 中禅寺湖に流れ込む川ではマスの稚魚が群れを成して泳いでいる。丸太でできた橋を渡りながらそれを眼下に見て仙人庵に向かう。

Kur14

 ここ仙人庵一帯はクリンソウが一面に広がる。川岸の水面に映るその花を、手前の横たわる太い枯れ木に腰を下ろして眺める。

Kur16

 今の時期に満開になるクリンソウの名前の由来は、花が花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある 「九輪」 に似ているところからきている。

Kur20

 人も少なく静かにゆっくりと堪能できたクリンソウであるが、今がシーズンとあって、時間がたつにつれて人も増えてきたので、次の目的地に向かうことにした。

 

 

 

« ホトトギス   長逗留 | トップページ | ニホンカモシカ   華厳の滝で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリンソウ   満開の湖畔:

« ホトトギス   長逗留 | トップページ | ニホンカモシカ   華厳の滝で »