野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ホオアカ   高原のさえずり | トップページ | キビタキ   高原で »

ノビタキ   湿原で

山を下りて湿原に来ると、満開のレンゲツツジにノビタキが餌をくわえて待っている。

Nob1

 オスの姿は見えないが、メスがえさを運んでいるように見える。近くで雛がそれを待っているのかもしれない。

Nob2

 高原でも山の上と低いところでは肌に感じる気温差はかなりある。ましてや強風の吹く濃いガスが立ち込める高台ではウインドブレーカーを着ていても寒く感じる。

Nob3

 レンゲツツジの花は少ないが、湿原の草地のその小枝に止まって満足感を与えてくれるノビタキである。

Nob4

 梅雨入りの天気予報を見ていても、タイミングよく週末から月曜日にかけては晴れマークであった。初日だけ雨に遭わないで鳥見ができればと期待しての現地、まあまあである。

Nob5

 毎年梅雨の時期を外していたので、なかなかレンゲツツジの満開の風景は見られなかった。そこで今シーズンは晴れ男のジンクスにかけてみたが、初日は何とかクリアーしそうである。

Nob6

  目の前に広がる湿原のはるか向こうに見える山々も雲が去り、時折青い空も見えるようになってきた。もう一度高原のノビタキを探してみようと移動を考え始めたところである。

Nob7

160626jpg_192_370

 もう少しするとニッコウキスゲもきれいに咲き誇るだろう。その時にまた、キスゲノビをファインダーに収めたいものである。

« ホオアカ   高原のさえずり | トップページ | キビタキ   高原で »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63846154

この記事へのトラックバック一覧です: ノビタキ   湿原で:

« ホオアカ   高原のさえずり | トップページ | キビタキ   高原で »