野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバト  波間のエネルギー補給 | トップページ | ミソサザイ   こんなところで? »

アオバトⅡ   波間の飛翔

 早朝から海岸の岩礁を狙っていると、山のほうからやってくるアオバトは頭越しに飛んでくる。

Aob2

 早く見つけて狙いを定めるには、背後に注意しながらその飛翔を待っていなければならない。大小の群れが数十分間隔で旋回してくる。

Aob4

 岩肌目指して一気に降りてくる群れと、海上を旋回してゆっくりと目指す岩礁に降り立つ群れがある。

Aob3

 そうかと思うと、もったいぶって旋回だけして降りないで再び山の方に戻って行ってしまうグループもある。

Aob17

 それぞれの群れにはリーダーがいるのだろうか、団体行動の規律はしっかり守っているようである。

Hsy3

 群れで飛ぶことで天敵からの攻撃のリスクを回避しているように見えるし、波が荒いのでもう少し凪いでからという判断にもとれる。

Hsy2

 日の出から数時間すると濃い霧が晴れ上がって、西の方角にほとんど雪のなくなった富士山の頂が見えてきた。

Hsy4

 富士山を背景にアオバトをと思って狙ってみたが、単焦点の望遠ではその姿はうまく収まらない。

Aob15
   富士山を背景に

 こんな時はズームがいいなと思った瞬間である。それでも何とか山に向かうアオバトのシルエットを、富士山の肩越しに残すことができた波荒い海岸風景である。

 

« アオバト  波間のエネルギー補給 | トップページ | ミソサザイ   こんなところで? »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63900672

この記事へのトラックバック一覧です: アオバトⅡ   波間の飛翔:

« アオバト  波間のエネルギー補給 | トップページ | ミソサザイ   こんなところで? »