野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ササゴイ  漁の名人? | トップページ | ササゴイ   失敗も中には »

オオタカ  独り立ちまで

 巣立った雛たちが幼鳥と呼ばれるようになって、独り立ちするまでが親としては責任があるし、養育も大変なのである。

Otk2
        幼鳥

 これは人の世界でも同じである。我が家でも初孫ができて、先週は100日目ということで 「お食い初め」 の儀式を行った。

Otk3

 オオタカの森では巣立った3羽の雛が元気に飛び回っている。1~2時間おきぐらいに餌を運んでくる親鳥のオス、それを受けて子供たちに食べやすいようにちぎって食べさせるメス。

Otk5
         幼鳥の飛び出し

 役割分担は明確になっているようである。子供たちも順番に餌をもらっているらしく、一羽が食べている時はほかの二羽はじっとそれを見ている。

Oot222

 あわよくばおこぼれにあずかろうと、待っている風である。もうこのあたりから自然界の厳しい摂理を習い始めているのだろう。

Otk7
        森を飛びまわる幼鳥

 餌を渡した親鳥が森から上空に飛び出してくるが、子育ての大変さが出ているのだろう、羽が抜けたりしてボロボロに見える。

Otk8
        ボロボロの母親

 それでもオスのほうは、獲物を捕ってきて渡すだけであるが、メスはそれを子供たちにきちんと食べさせる作業がある。

Otk10
         精悍なオス

 やはり子育ての大変さは人と同じで母親にしわ寄せが来るのかもしれない。鳥も人も子供を独り立ちさせるのは、大きなエネルギーを必要とするものなのだと実感した鳥見である。

« ササゴイ  漁の名人? | トップページ | ササゴイ   失敗も中には »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63960266

この記事へのトラックバック一覧です: オオタカ  独り立ちまで:

« ササゴイ  漁の名人? | トップページ | ササゴイ   失敗も中には »