野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツミ   巣立った幼鳥たち | トップページ | ゴイサギ   花に止まれず着水 »

カワセミ  ハスの花とともに

 俗にいうハスカワ(ハスの花に止まるカワセミ)を狙って、早朝からハスが咲いているその池に向かう。

Hkw1

 昨年は少し遅く、ほとんど花が終わってしまったシャワーヘッドに止まるポーズが多かった。

Hkw2

 今シーズンはよいところをとその機を狙って待っていた。そのためにハスのある池を数多く歩いてみた。

Hkw3

 それによると、蓮の花はその地域の気候によって咲く時期がかなり違う。昨年の実績で行ってみると早かったり、そうかと思うともう花びらが落ちていたりする。

Hkw4

 今回の狙いの場所は、花の開花がちょうどよいというので行ってみると、その通りで見ごろである。

Hkw5

 地元の人の話では、カワセミの出方も日によって違うらしく、出のよい日の結構羨ましいショットを見せてもらった。

Hkw6

 それには負けず頑張ろうと腰を据えることにした。早速姿を見せてくれたカワセミは、今年の幼鳥だろうか全体的に黒っぽい。

Hkw7

 お腹の鮮やかなオレンジと背中の光るコバルトブルーを待つ。そんな中、たびたび鳴きながら飛んできてくれるが、あいにく幼鳥ばかりである。

Hkw8

 贅沢は言ってられないので、よいところに止まってくれることを祈りながら、ファインダーをのぞく。

Hkw9

 開いた花には止まりにくいのか蕾の上に止まることが多い。花びらが落ちたシャワーヘッドは居心地がよさそうである。

Hkw10

 それでも何回か蕾に止まってくれて、飛び込んでは小さな魚をくわえて見せて呉れる。

 最後まで成鳥の姿は見えなかったが、その分幼鳥のダイブで捕食の場面が見られたので満足したことにしよう。機会があれば再度挑戦したいものである。

« ツミ   巣立った幼鳥たち | トップページ | ゴイサギ   花に止まれず着水 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63887172

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ  ハスの花とともに:

« ツミ   巣立った幼鳥たち | トップページ | ゴイサギ   花に止まれず着水 »