野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« セイタカシギ   見事な着地 | トップページ | カイツブリ   微笑ましい親子 »

クロハラアジサシ  腹は黒くないけど

 本命を待つ間沼の上空を悠々と飛んでいるのはアジサシである。よく見てみるとアジサシではなくクロハラアジサシのようである。

Kaj222

 コアジサシなどは群れで飛び交いダイナミックに垂直に飛び込んでは魚を捕る。これはその辺が少し違う。

Krh2

 クロハラアジサシは嘴で水面を水をすくうようにして子魚や昆虫を捕獲しているようである。

Krh3

 ダイビングもするが、コアジサシのように鋭く飛びこまないで、水面を浅くダイブしている。

Krh4

 この沼には一羽だけであるが、このクロハラアジサシが我が物顔に飛びまわっている。

Krh5

 クロハラというので腹が黒いのかと思っていたら、成鳥の夏羽は黒いが幼鳥は白いらしい。

Krh6
        水面を浅くダイビング

Krh8

 名前もクロハラだからまだよかった、これがハラグロだったりしたらどんな鳥だろうと思う。

Krh7

 それでも見て居ると、静かに休んでいるセイタカシギのいるところに飛び込んで、ここは俺の場所だといわんばかりの飛翔もしている。

Krh9

 本命は大人気で注目されているが、その本命を待つ間、誰もレンズを向けないクロハラアジサシをじっくりと観察した炎天下の沼のほとりである。

 

 

 

« セイタカシギ   見事な着地 | トップページ | カイツブリ   微笑ましい親子 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64096677

この記事へのトラックバック一覧です: クロハラアジサシ  腹は黒くないけど:

« セイタカシギ   見事な着地 | トップページ | カイツブリ   微笑ましい親子 »