野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« バン    何番目の子? | トップページ | コオニヤンマとオニヤンマ 子供の頃の憧れ »

カルガモ  子供たち

 池にいるカルガモの雛たちもずいぶんと大きくなっている。これも多分二番子か三番子である。

Krg1

 親と一緒に行動しているのは二羽しか見当たらないが、他のはもう別行動をしているのかそれとも二羽だけが残ったのか定かではない。

Krg2

 二羽の雛は自由奔放に泳ぎまわっている。親は着かず離れず近くを泳いで雛たちを見守っている雰囲気である。

Krg3

 たぶん生まれた時はもっとたくさんの兄弟がいたに違いない。親鳥は、残った雛たちの自立を促そうとしているのか時々雛のところを離れたりする。

Krg4

 カルガモの雛たちは、バンの雛の近くに行って仲良くしているのかなと思うと、バンの雛に追いかけられたりもしているので縄張りがあるのかもしれない。

Krg5

 その姿も見ている方にとっては可愛いのだが、自分の縄張り意識が芽生え始めているのかなと思わせる。今シーズンもそれぞれ雛たちの自立の季節になるのだなという公園の池傍である。

 

« バン    何番目の子? | トップページ | コオニヤンマとオニヤンマ 子供の頃の憧れ »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/63998670

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモ  子供たち:

« バン    何番目の子? | トップページ | コオニヤンマとオニヤンマ 子供の頃の憧れ »