野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヤマガラ   エゴの実を運ぶ | トップページ | サギとカワウ  混群の漁 »

ジョロウグモ  哀れなオス

「ジョロウグモ」 というと名前を聞いただけで、いかにすごい蜘蛛かと想像してしまう。漢字で書くと 「女郎蜘蛛」 でまさしく遊女のことである。

Jrg2

 名前の通り見た目はカラフルできれいな蜘蛛である。その上その体の大きさはオスの5~6倍も大きいのである。

Jrg3

 小雨の降る公園を歩くと、いたるところにそのジョロウグモの巣が目立つ。細かく張り巡らされた蜘蛛の糸の網目に雨の細かい水滴がついて円盤状にきれいに見える。

Jrg4

 その大きな蜘蛛の巣の中心にいるのがジョロウグモで、網に引っ掛かる獲物をじっと待っている。その網にはオスたちも集まり、ついにはその身をささげているのである。

Jrg5

 その網の片隅に小さく見えるのがオスである。オスは子孫繁栄のために、静かにメスとの交配のチャンスを狙っている。

Jrg6

 なぜかというとジョロウグモは目が悪く網にかかる獲物は何でも食べてしまうので、オスは隙のあるメスの食事時を狙って背中に乗るのである。

Jrg8

 何匹かのオスはそれを繰り返すが、結局はメスに食べられてしまうのである。なんと哀れなオスなのだろうと思うジョロウグモの世界である。人の世界でもありそうな光景なので、そういうところには近づかないことを教訓にしよう。

« ヤマガラ   エゴの実を運ぶ | トップページ | サギとカワウ  混群の漁 »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64235595

この記事へのトラックバック一覧です: ジョロウグモ  哀れなオス:

« ヤマガラ   エゴの実を運ぶ | トップページ | サギとカワウ  混群の漁 »