野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« サギとカワウ  混群の漁 | トップページ | 金森赤レンガ倉庫街  函館を歩く »

大沼公園   北海道新幹線で

 3月26日に開通した北海道新幹線に乗ってみたいという幼児的発想で大沼国定公園を目指した。東京から4時間2分で新函館北斗駅に着く。

Oonm1

 ビジネスではいつも盛岡まで利用しているがその先は初体験、乗車時間には 「4時間の壁」 という言葉があって、列車に乗るか飛行機を利用するかの限界だといわれている。

Oonm2

           駒ヶ岳

新しい駅舎を降りると、秋雨前線でぐずついている本州とは違って、青い空に大きな白い雲が浮かぶ陽射しの強い新駅の駅頭である。

Oonm3

 車両はコバルトブルーとシルバーメタリックのツートンカラーの 「ハヤブサ}、 マスコミの報道などでは乗車率が39%とかあまりよくないことを耳にするが、週末の座席は満員である。

Oonm4

 新青森駅を出ると黄金色に輝く田園地帯を走るが、風雪よけのトンネルが多く景色は十分というほど満足しないうちに海底に潜っていく。

Oonm5

 全長は53.9km、あのフランスとイギリスを結ぶドーバー海峡線が50.5kmである。深さも水深140m、さらに砂地の下100mなので最深部は240mになる。

Oonm6

       沼畔の頭上のトビ

 因みにドーバー海峡線は水深60m、砂地40mで最深部は100mになる。深ければいいか長ければいいかという問題ではないがすごい技術力である。

Oonm7

 現地についてみると青森の人たちと中国や韓国の人たちが多い。新青森からは1時間1分なので、青森の地元の人たちは日帰りで観光しているようである。

Oonm8

 新函館北斗駅からは大沼公園まで車で30分ほど、ビジネスで札幌に来ることは多いが函館を訪れることは少ない。

Oonm9

 まして大沼公園は学生時代の貧乏旅行以来なので約半世紀ぶりぐらいになる。大沼をぐるりと回るとその大きさときれいな風景に新たな感動である。

Oonm10

 その大きさを見ると思わず沼と湖の違いってなんだろうと思ってしまう。調べてみると水深が5m以下で水草がどこでも群生しているのが沼だということである。

Oonm11

 静かな水面のかなたを眺めると、三つの大きな沼の背景には、上空を流れる雲間に駒ヶ岳の頂上が見え隠れする。さわやかな北の風を胸いっぱい吸い込んだ、美しい風景が展開している大沼公園である。

 

 

« サギとカワウ  混群の漁 | トップページ | 金森赤レンガ倉庫街  函館を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沼公園   北海道新幹線で:

« サギとカワウ  混群の漁 | トップページ | 金森赤レンガ倉庫街  函館を歩く »