野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« イカルチドリ   幼鳥の独り歩き | トップページ | アオスジアゲハ  真っ青な空に »

ゴイサギとホシゴイ   親子で

 雨上がりは何といっても 「五位鷺」 のコロニーである。夜行性なのでなかなか姿を見せて呉れないが、雨上がりに行くと必ずあえる。

Goi1
        ホシゴイ

 塒が増水で水浸しになるから、表の樹木に出てくるその時がチャンス。貴族の五位の位を名前にもらえるほどだから幼鳥にもホシゴイという名前がつく。

Goi2

 子供の頃は背中に星のような斑点があるので 「星五位」 と呼ばれているが、2年ほどたつと白とブルーの羽になり、頭に冠羽をなびかせて飛びまわる。

Goi3

 今朝はその家族なのか親子で雨の後の葦原を飛びまわっている。親の周りに集まったかと思うと、それぞれに飛んでは葦原の奥に入っていく。

Goi4
        ゴイサギ親子

 昔の戦国時代の武将にも幼名があり、成人して元服すると改名したものである。元服は一族の氏神様の神社で行うものであり、神様に名を持った一人の人間として認めてもらう儀式であった。

Goi5
         ゴイサギ飛翔

 聞くところによると名前の由来は、醍醐天皇に五位を与えられたから 「五位鷺」 というらしいが定かではない。貴族の階級の名前をもらった鳥の家族の観察風景である。

 

 

« イカルチドリ   幼鳥の独り歩き | トップページ | アオスジアゲハ  真っ青な空に »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

いにしえの昔から素晴らしい名前を付けられ愛された鳥をこうして見せて頂くと、こちらの心も古びとになったような…。
素敵な家族写真?ですよね。

イトサトさんありがとうございます。
我々も素敵な家族写真を残せるように頑張りたいと思います。まだ頑張るのかい?といわれそうですが、おかれた立場で最善を尽くしていきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64137118

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギとホシゴイ   親子で:

« イカルチドリ   幼鳥の独り歩き | トップページ | アオスジアゲハ  真っ青な空に »