野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 小樽運河   倉庫街を歩く | トップページ | メジロ   金木犀の香りと共に »

エゾビタキ  秋晴れの下

 北海道旅行から帰ると、一緒についてきたかのように公園の青空の下、見上げる小枝の天辺にエゾビタキの姿が見える。

Photo

 今シーズンもまた昨年と同じ樹木の枝にとまってくれている。胸と脇に目立つ縦斑が特徴である。

Photo_2

 エゾビタキという名前から見ると、北海道の鳥かなと思ってしまうが、北海道のさらに北のシベリアやカムチャッカ半島などで繁殖する。

Photo_3

 名前もそんなところが由来だろうと思うが、秋にはよく出あう鳥である。これから東南アジアなどの南方へと渡っていく。

Photo_4

 サメビタキ、コサメビタキ、エゾビタキのサメビタキ3兄弟の中でも胸と脇腹の縦斑がはっきりして大きさも目立つ存在である。

161002jpg_1_1

 雨模様のはっきりしない日が続いた昨今であるが、見ごと秋晴れの青空の下で出会うことができた。これも普段の行いかなと頬が緩んだ早朝の公園である。

« 小樽運河   倉庫街を歩く | トップページ | メジロ   金木犀の香りと共に »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64290532

この記事へのトラックバック一覧です: エゾビタキ  秋晴れの下:

« 小樽運河   倉庫街を歩く | トップページ | メジロ   金木犀の香りと共に »