野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« まっさんの里   余市を歩く | トップページ | エゾビタキ  秋晴れの下 »

小樽運河   倉庫街を歩く

 余市蒸留所でおいしいウイスキーを堪能した後、断崖絶壁の荒々しい海岸線の景色を眺めながら小樽へと向かう。

Otr1

 何度も来ている小樽なので運河と倉庫街を歩いてみる。相変わらずの人気で運河の遊歩道はいっぱいの観光客である。

Otr2

 緑濃いツタのからまる石造りの倉庫は昔の儘でその雰囲気を残している。遊歩道のガス灯には歓迎してくれているのかウミネコが一羽お出迎えのポーズを見せる。

Otr3

 旧倉庫街はレトロ調のレストランになったり、その階下にはパーキングのマークもある。観光船乗り場の近くに車を止めて歩いてきたが、倉庫街が駐車場になっているとは気が付かなかった。

Otr4

 少し歩いたのと時間が時間だけに腹ごしらえをすることにする。小樽といえば寿司でもということになるが、近くの小樽運河食堂に入る。

Otr5

 これも倉庫を利用しているのでレトロ調である。中に入ると ”三丁目の夕日” の雰囲気を醸し出す裸電球がぶら下がったきれいな店員さんがいるお店である。

Otr6

 見た目にもおいしそうなおすすめの10種類の海鮮丼に小樽ビールを注文する。どこに行っても飲んでいるが、車の運転は法律順守なのでご心配なく。

Otr7
          運河食堂

 腹ごなしに北一アウトレットがある堺町通りを歩いてみる。ランプの油のにおいがするこれもレトロ調のレストラン、お腹はいっぱいなので覗くだけ。

Otr8
               ランプレストラン

Otr9

 半世紀ほど前の学生時代にテントとザックを担いで自炊の貧乏旅行で、日本を一周した仲間との懐古旅行道南編の一ページでした。

 

 

« まっさんの里   余市を歩く | トップページ | エゾビタキ  秋晴れの下 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小樽運河   倉庫街を歩く:

« まっさんの里   余市を歩く | トップページ | エゾビタキ  秋晴れの下 »