野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワセミ  この背中に魅せられて | トップページ | コミミズク   河原で »

イソシギ  本命出ず

 常夏の国やオーロラの見える国にもあこがれるが、春夏秋冬がはっきりしている日本が一番住みやすいと思っている。

Iso1

 その愛する我が国の四季が明確に感じられなくなっているこの頃である。やはり地球温暖化の影響なのだろうか。

Iso2

 近くの街路樹にトウカエデン並木があり、ひところはきれいに紅葉していたものであるが、このところ緑の葉に色が付き始めたなと思うと、散り始めてしまう。

Iso3
           ユウガギク(?)とともに

 北国からは雪の便りも聞こえ始めたので、目当ての鳥を探しに早朝から渓谷に向かう。

Iso4

 冷え込む河原でその姿を探すが本命の気配がない。その他の冬鳥たちはそろそろ姿と鳴き声を感じさせてくれるので、期待感は大きい。

Iso5

 そんな河畔の対岸にイソシギの姿、久しぶりの出遭いなのでワンポイントの花を添えてファインダーに。本命出ずの代役のイソシギ君との遭遇であった。

« カワセミ  この背中に魅せられて | トップページ | コミミズク   河原で »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64477203

この記事へのトラックバック一覧です: イソシギ  本命出ず:

« カワセミ  この背中に魅せられて | トップページ | コミミズク   河原で »