野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 多摩の野鳥展     新春に開催 | トップページ | オオヒシクイ   北風の湖畔で »

コハクチョウ    晩秋の山の端飛翔

 田圃に降りた100羽近いコハクチョウの群れは、すごい食欲でひたすら頭を下げて水田の二番穂の中に嘴を入れて居る。

Khk1

 飛びたってくれないかとじっと待っているのも、吹き下ろす冷たい北風を受けている身としてはかなり厳しい。

Khk3

 近づいて飛ばしてみようかという邪心も起こる田んぼの畔道である。そんなとき数羽のコハクチョウたちが餌の取り合いなのか喧嘩なのか、あわただしく大きな羽を広げて羽ばたき始めた。

Khk7

 そのうちに6羽ほどが飛びたって薄日のさす南の空に向かう。幼鳥も含まれているので家族ではないかと思われる。

Khk5

 遠くに行ってしまうのかと思って見ていると、大きく旋回してこちらに戻ってくる。寒い中を待った甲斐があってやっと飛翔姿を見ることができた。

Khk8

 雲間の青空を背景に高度を下げて向かってくる。山の端に残る晩秋の紅葉の残り葉を背景に、先ほどまでいた田んぼに向かってくる。

Khk9

 首を長く伸ばして飛ぶコハクチョウの飛翔姿はきれいである。欲を言えば燃えるような紅葉を背景にしたかったというところか、寒さの中満足するコハクチョウとの出遭いであった。

 

 

« 多摩の野鳥展     新春に開催 | トップページ | オオヒシクイ   北風の湖畔で »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64634007

この記事へのトラックバック一覧です: コハクチョウ    晩秋の山の端飛翔:

« 多摩の野鳥展     新春に開催 | トップページ | オオヒシクイ   北風の湖畔で »