野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アトリ    どこでも「あっ 鳥」 | トップページ | 多摩の野鳥展    今月開催 »

カワアイサ    語源は「秋沙」

 背中に朝陽を浴びて陽の出の湖畔に立ってみると、遠くさざ波の水面に白っぽく見えるのはカワアイサに見える。

Kwa1

 アイサといわれる鳥は知っているだけでもウミアイサ、カワアイサ、ミコアイサ、コウライアイサなどである。

Kwa2
       オスの間にメスの姿

 アイサの語源を調べてみると、晩秋にやってきて越冬するので、「秋が去る」 から「秋沙」といわれているらしい。

Kwa3

 時代的には万葉集の中に出てくるレベルであるから、わたしもどきが蘊蓄をいうよりは歴史が古い。

Kwa4_2

 ウミアイサとの識別は冠羽があるかないかが大きなポイントになる。大きさはウミアイサより一回り大きい。

Kwa5

 2ペアーが仲良く泳ぎまわっているが、近くには来てくれない。時々首を曲げて顔を隠してお休み体制に入ってしまう。

Kwa6

 それでも待っていると、急に起き上がってスピードを上げて泳いだかと思うと飛翔体制に入った。一羽が遅れて飛び立ったが、着水には十分間に合ったようである。

Kwa7

 水面での羽ばたきを待っていたが、目を離したすきにそのチャンスは逃してしまった。それでも光沢のある緑の頭と白い羽を広げた飛翔姿を見せてくれたので、満足して引き上げることにした。

 

 

« アトリ    どこでも「あっ 鳥」 | トップページ | 多摩の野鳥展    今月開催 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64679875

この記事へのトラックバック一覧です: カワアイサ    語源は「秋沙」:

« アトリ    どこでも「あっ 鳥」 | トップページ | 多摩の野鳥展    今月開催 »