野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ♀   ピラカンサを舞台に | トップページ | 多摩の野鳥展     新春に開催 »

ルリビタキ  木どまりがない

 今シーズンも公園には冬鳥たちがたくさん入ってきているので、公園散歩の楽しみは今朝はどんな鳥に会えるかなということになる。

Rur1
      公園の高台より傘雲の富士山

Rur7
       富士を眺めるルリビタキ(写真ではね?)

 そのためにはゆっくりと急がずくまなく歩きまわることになる。散策路に積もった落ち葉を踏みしめる音だけが大きく聞こえる。

Rur2

 その音に反応したのか木陰を低く飛ぶ鳥の影、樹木の低いところに入ったが暗くて判別ができない。

Rur3

 たぶんルリビタキだろうとしばらくじっとして待ってみることにした。すぐに降りてきたのはやはりルリビタキである。

Rur4

 明るいところに出てくれたので見るとルリビタキのオスである。しかも結構ブルーのきれいな成鳥である。

Rur5

 近くには名残紅葉の色づいた葉があるので、そのあたりの枝に止まってくれないかと期待感をもって待つ。

Rur6
      どうしても枝には止まらないとさ!

 豈はからんや、コンクリートの散策路に降りたり手すりに止まったりと、期待に応えてくれそうにない。それでもきれいなルリビタキのオスに出遭えたので満足として、次の出遭いを求めて散策路の落ち葉の階段へと足を向けた。

« ジョウビタキ♀   ピラカンサを舞台に | トップページ | 多摩の野鳥展     新春に開催 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64647033

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ  木どまりがない:

« ジョウビタキ♀   ピラカンサを舞台に | トップページ | 多摩の野鳥展     新春に開催 »