野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カヤクグリ   地味なスタイルで | トップページ | オオタカ    早朝の河原で »

ベニマシコ   家族で

 師走になると赤いベニマシコに会いたくなる。ベニマシコのオスは年代が上がるほど赤色がきれいになる。

Bnm1
        ベニマシコ幼鳥 ♂

オスのように、赤い色では目立たなく外観の派手さはさほどないが、メスも目つきがやさしそうでかわいい感じがする。

Bnm2   
        ベニマシコ ♀

 目の前の群れには幼鳥かと思われる色が付き始めたオスの姿や、色の薄いメスが数羽、熟し切って枯れた木の実を嘴いっぱいにつけて食事中である。

Bnm3
         ♂

 時折その場所を変えて奥のほうに姿を隠してしまうが、しばらくするとまた出てきては夢中で食べ始める。

Bnm4
               紅猿子の顔、字のごとく猿に似る

Bnm5
        ストレッチもしないと

 その食欲ぶりを見ていると数日で食べつくしてしまうのではないかと、心配になるほどである。

Bnm6

 今シーズンはアトリの大きな群れをたくさん見ているが、あれだけの数の鳥たちが春先まで食べる餌は十分にあるのだろかと、余計なお世話にまで及んでしまう。

Bnm7
        幼鳥 ♂

 人の目にする鳥の数だけでも心配になるので、それ以上の鳥たちが移動してきていることを考えれば、自然の生態系はよくできているものだと感心するとともに、これを守ってやらなければと鳥を見ながら思うこのごろである。

 

 

 

« カヤクグリ   地味なスタイルで | トップページ | オオタカ    早朝の河原で »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64585647

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ   家族で:

« カヤクグリ   地味なスタイルで | トップページ | オオタカ    早朝の河原で »