野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« メジロ  群れで  | トップページ | アトリ    どこでも「あっ 鳥」 »

ベニマシコ   河原のサンタさん

 宗教に関係なく何でもイベントとして取り込んでしまう日本人。すっかり定着したクリスマスである。我が家の孫もサンタの衣装で部屋の中を這い這いしている。

Bnm1
 そんな風情の河原の土手を歩いていると、柔らかな鳴き声が聞こえてくる。声のする方向に目を向けると赤色のきれいなベニマシコのオスがいる。

Bnm2

 カナムグラの枯れた実を食べたと思ったら、近くのヨモギの実にも取りついてもぐもぐと食欲旺盛な姿を見せる。きれいな赤い様相はサンタさんにそっくりである。

Bnm3

 これらの枯れ枝は、ベニマシコのメスだとちょうど擬態色のようになって目立たないが、赤いオスは動き回ってもすぐにわかる。

Bnm4

 今シーズンはこのきれいなオスが頻繁に姿を見せてくれる。ふつうはオスがいると近くに必ず地味なメスがいるはずであるが、今朝は単独行のようである。

Bnm5

 まだ伴侶が決まっていない若者なのかもしれないが、結構イケメンなのでこの次はペアーで登場してくれることを期待しよう。

Bnm6

 冬鳥の訪問にも周期があるのか、数年前にも赤いオスが多い年があった。その意味では今シーズンはきれいなオスが楽しませてくれそうである。

Bnm7

 我が家の這い這いしている孫がボーイフレンドを紹介してくれる姿は夢かもしれないが、そんな大きなプレゼントを持った河原のサンタさんとの出遭いであった。

« メジロ  群れで  | トップページ | アトリ    どこでも「あっ 鳥」 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64653463

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ   河原のサンタさん:

« メジロ  群れで  | トップページ | アトリ    どこでも「あっ 鳥」 »