野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コミミズク   止まりものだけど | トップページ | オオワシ   湖を見下ろして »

ニホンイタチ   目つきはかわいらしいが

 イタチの天敵といえば鷲や鷹、フクロウなどの猛禽類である。猛禽類の飛ぶ草地には必ずそういう小動物がいる。

Itc1

 ハタネズミやアカネズミなどもその類である。それを狙っているのはコミミズクであるが、イタチやキツネなども大好物である。

Itc2

 コミミズクの待ち時間はそのイタチやキツネを狙って待っている。草地と上空と両にらみで、目を離すと見逃してしまう。

Itc3

 そんな中低い草地と高い枯草の間に胴長のイタチの姿が見える。草から草へと飛ぶように潜ってしまうので、その瞬間を待っていると・・・・・。

Itc4

 追いかけていた獲物を見逃してがしてしまったのか、得意の両手をだらんと下げたような立ちポーズを見せてくれた。

Itc5

 低い耳とクルッとした目はかわいらしさを見せるが、少しとがった口で歯をむき出しにすると怖さを感じる。

Itc6
             ハタネズミだ! ソレッエイヤッと!

Itc7
       戦果はいかに?

 でもその姿は、毛皮や尾が立派な商品になるといわれるだけあって、きれいな色をしている。コミミズクを待つ間の毛皮品評会である。

 

 

 

« コミミズク   止まりものだけど | トップページ | オオワシ   湖を見下ろして »

コメント

こんばんは、なんか皆さん明るい日中にイタチやタヌキなお写真それもピョコピョコ跳ねるお写真すばらしいですね~♪(^o^)
自分も明るい朝から伺いたいです~ヽ(´ー` )ノ

STNさんありがとうございます。
 私は夜行性のSTNさんと違って早寝早起きの昼行性ですから、昼間しか撮れません。
 たまたまタイミングよく顔を出してくれました。狙いは狐だったのですが、枯草が深くて姿が見えませんでした。再度挑戦予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニホンイタチ   目つきはかわいらしいが:

« コミミズク   止まりものだけど | トップページ | オオワシ   湖を見下ろして »