野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヤツガシラ    背景がもう一つ | トップページ | オシドリ   恋の季節 »

ヤツガシラ    見事な冠羽

 姿を見ないうちは何とか姿を見たいと思っているが、いざその初めての鳥に出あうことができると次は何とか冠羽を広げてほしいと思う。

Ytg10

 人間の欲望は果てしなく広がるが、それがまたその人の成長をもたらすのかもしれない。

Ytg111

              満開の冠羽

 ゆっくりと歩いては採餌をしているヤツガシラは、周りを警戒しながらも畑の中を移動していく。

Ytg112

 ギャラリーが多いこの日は、天気も良いので少しフェイントをかけながらも冠羽を広げそうである。

Ytg113

 体を低くして羽をぶるぶると震わせるようにして、見事な冠羽を広げてて見せて呉れた。

Ytg114

 ちょうど八本の冠羽があるところからヤツガシラといわれるらしいが、オレンジの先のほうは黒と白の縞模様になる。

Ytg115

 体も首のところは薄い茶褐色であるが両翼と尾羽はシマウマのような白と黒の縞模様になっている。

Ytg116

 長い嘴で地面の虫などを撮っている姿は、イメージ的には細いつるはしで土を掘っているようにも見える。

Ytg117

 何度かそのきれいな冠羽を広げて見せてくれたが、見事な冠羽でどんな時に開くのかは見ている範囲ではよくわからない。

Ytg118

 冠羽を広げてくれたので最後は飛んでほしいと思う。どんどん畑の端の方に行くのでそろそろそのチャンスかなと待ってみる。

Ytg119

 最後は飛んでくれたが、枯草の向こう側を飛びたったので、枯草かぶりになってしまった。それでも黒と白の縞模様がはっきり見えたので、贅沢は言わないで撤収することにした。

 

« ヤツガシラ    背景がもう一つ | トップページ | オシドリ   恋の季節 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64914370

この記事へのトラックバック一覧です: ヤツガシラ    見事な冠羽:

« ヤツガシラ    背景がもう一つ | トップページ | オシドリ   恋の季節 »