野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« メジロ   雪の河津桜の戯れ Ⅰ | トップページ | ルリビタキ   梅の香に誘われて »

メジロ   雪の河津桜の戯れ Ⅱ

 雪が降ると喜ぶのは犬と子供だけだとうそぶいているが、本音は大人も楽しいのであるが、それを素直に出せない年齢になっている。

20170211_dsc0279

 確かに子供のころは夕方から雪が降り始めると、明日の朝はどのくらいになるのかなと期待しながら眠ったものである。

20170211_dsc0282

 しんしんと降る雪は音を吸収するのか静かな夜を演出する。時々目を覚まし結露した窓越しに外を眺めて、雪が降り続いていると安心して眠りにつく。

20170211_dsc0283

 次の朝は誰よりも早く起きて、真っ白な踏み跡のない雪に長靴を履いて第一歩を踏みしめる。

20170211_dsc0286

 冷え込んだ朝のパウダースノウに飛び込んでごろごろと転がって雪の感触を楽しんだものである。

20170211_dsc0298

 そんな雪ではないが、桜と雪とメジロの光景を見ながら遠き故郷の古の雪景色を思い出した早朝の鳥見人である。

« メジロ   雪の河津桜の戯れ Ⅰ | トップページ | ルリビタキ   梅の香に誘われて »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/64891693

この記事へのトラックバック一覧です: メジロ   雪の河津桜の戯れ Ⅱ:

« メジロ   雪の河津桜の戯れ Ⅰ | トップページ | ルリビタキ   梅の香に誘われて »